資産家宅でのサロン

 

 

 

資産家宅のサロンで「心豊かなライフスタイル」を知る

ところが、ここに戦前から続く企業の創業者の一族で、日本の指導者層とも縁の深い家を出自とするご婦人がいらして、まことに稀有と言うべき機会をご提供されています。

すなわち、ふだんから交流されている方々だけでなく、老若男女を問わずこれから日本の未来を担うであろう方たち、そのような人たちを育成、指導、支援したいと考えていらっしゃる方たち、あるいは仕事を通じてであれ何であれ世の中の役に立ちたいとの希望をもっていらっしゃる方たちと、「心豊かなライフスタイル」を分かち合いたいと考えていらっしゃるのです。

具体的には、都内のご自宅の一部に一般の方のためのサロンを設け、お茶やお食事をいただきながら談笑したり、よろず相談に乗って差し上げたいということです。とかく閉鎖的で目立たないことをよしとするとのイメージのある伝統的な資産家の方として、まことに心の広いご決断と思います。

しかも参加の条件は極めて緩く、「この文章の趣旨に大筋で賛同され主宰者と共感をもって語り合える方で、なるべくご家族で参加いただける方であれば、どなたでもいらして下さい」ということです。

 

 

しかしながら、セキュリティー上の理由もあって、言うまでもなく派手な宣伝などはせず、家族単位で年間の参加費をお支払い願っています。また、実際に参加されるに際しては、簡単な審査をさせていただくこともある、ということです。

主宰者ともども、このサロンで感じ取っていただけるであろう、通常では決して知ることができない「心豊かなライフスタイル」が参加者の皆様の財産となることを願い、かつ確信しております。

趣旨に賛同された方は、この機会に参加をご検討下さい。

どうか心温まる主宰者のご厚意を尊重されるようにお願い致します。

 

当方では、このサロンに参加ご希望の方を、無料にて主催者にお取次ぎ致しております。また、審査に関するご相談も無料で承っておりますので、ご希望の方は下記までお問い合わせ下さい。なお、主宰者個人に関する情報等は、主宰者本人の承認を得るまではお伝えできませんのでご了承願います。

[このサービスは現在停止中です]

 

[お問い合わせ先]

 M&Z (代表 牧野 光伸)

 info@cs-trans.biz

 

 

戻る

 

「成功した同族企業経営者家族に受け継がれる「ファミリーの価値」とは何か」

1 2 3 4 5

 

お金の歴史、文化と哲学

誰が美術館を創ったか

 

 

[Home] [Japan Law]

[Swiss Private Bank Account for Free] [Offshore Trust vs. Liechtenstein Foundation]