人脈は身近にある

精神科医の和田秀樹氏はこう述べている。

 

「会社に行けば、たいがい何十人、何百人の人が同じ職場にいるわけですし、ショップのようなことをやっていれば、相当数のお客さんと顔を合わせています。営業に回れば、ほかの業種のいろいろな人と会っているはずですし、自分よりずっと目上の人と話をすることもあるでしょう。」

「ほんとうは素晴らしい人、チャンスを与えてくれる人がそばにいるのに、気付かないだけかもしれません。」(『「運をひらく」のが上手い人下手な人』新講社)

 

ちょっと考えてみればわかることだが、あなたが仕事で知り合った人以上にあなたの実力を知っている人はいないはずである。実力をアピールしたいなら、これ以上の相手はいないはずだ。しかもどこで誰とつながっているかわからない。一説によると、知り合いの知り合いを辿っていけば、6人目で世界中の誰とでもつながるらしいのだ。

前述の山崎氏にしても、やはり仕事を通じて知り合った人たちの人脈で転職している。異業種交流会ではないし、ましてや縁故、学閥などではない。

 

セーフティ・ネットとしての人脈

だが、言うまでもなく、人脈力が生きるのは転職のときだけではない。転職は人脈が力を発揮する一つの場面にすぎず、転職なんて一度も経験することがなくとも、人脈は重要なのだ。

人脈のネットワークとは、人生の成功をもたらしてくれる「運」と「チャンス」が湧き出す地下水脈であると同時に、万一のリストラ、倒産に備えるセーフティ・ネットでもある(前述の山崎氏も山一證券の廃業を経験した)

では、なぜことさらに転職を取り上げたかと言えば、身近で、しかも金銭的な価値に直接結び付くのでわかりやすいからである。

 

 

人脈の金銭的価値

しかも人脈そのものが、比喩的でなく、金銭的価値とみなされることがある。

「年賀状を極めて多くもらう人は融資の査定が甘くなる」という話がそれだ。人脈すなわち社会的信用力であって、それが担保価値とみなされている。そこから知られるのは、まさに人脈とは「財産」であり、「資産」だということである。

人脈でチャンスをつかみ、一財産築いたという話は枚挙に暇がない。事業であれ何であれ、すべて成功のもとは結局のところ人脈に帰着する。商品が金銭的価値になるには何らかの形で流通しなければならないように、あなたの才能も実力も人脈ネットワークを介してこそ開花し、発揮されるのである。

ゆえに我々が、人脈に投資すべきことは明白である。それが早ければ早いほど、成功への距離は縮まる。

 

「運」も「偶然」も努力次第

とは言え、単なる「知り合い」は人脈ではない。いくら多くの人たちと知り合い、名刺を交換したとしても、ほったらかしたままでは人脈にならないのだ。

和田氏に言わせれば、「出会いを『幸運とチャンス』に変える人間関係術というのは、たしかにあり」、「そのチャンス、『運』を手放さなかったことが人生の成功に」つながる。

つまり、人脈作りとは、人との出会いを意識的な努力によってケアし、これを「幸運とチャンス」に変えることである。

「コネ」も「チャンス」も「運」も結局は自分の努力次第ということだ。これらは偶然のように見えても、単なる偶然ではない。偶然を増やす「努力」をしている人のところに来る。「くじ」だって、1回引くより100回引くほうが当たり易いに決まっている。

そうだ。「運」が平等のように見えないのは、これを引き寄せようとする努力に個人差があるからだったのだ。

ならば、あなたも、「運」を引き寄せてみようではないか。

では、どうやって。

それにはちょっとした学びと、「きっかけ」が必要である。

この文章がその「きっかけ」になることを願っています。

 

転職力転職情報なしで転職する技術」最初に戻る

 

*人脈構築サービスが無料で体験できます。フルネームを記載したメールをいただければ、返信としてご案内致します。お気軽にご連絡下さい(info@cs-trans.biz )[このサービスは現在停止中です。再開の際には当サイトでご案内致します。]

 

外貨預金の呆れた実態

 

 

[Home] [Japan Law]

[Swiss Private Bank Account for Free] [Offshore Trust vs. Liechtenstein Foundation]